2013年11月

この記事は2013年11月30日に「こまき無答塾」に書かれた記事「シリーズ「パフォーマンスを検証する」(その3)」を Internet Archive から復元→アーカイブ化したものです(アーカイブ方針



(前回の続き)

シリーズ「パフォーマンスを検証する」では、パフォーマンスという言葉を、「人目を集めるための派手な行動」という意味で使用しています。

★(4)平成23年3月・初めての市政方針演説
 平成23年2月26日に就任した山下市長は、就任12日目の3月9日に開催された小牧市議会(3月議会)において、「私は、去る2月6日の選挙において市民の皆様にご信任を頂き、2月26日付けで第6代の小牧市長に就任いたしました・・・」から始まる施政方針を述べられました。

 市政方針の中の主な文言は次の通りで、私たち市民にとってはやや難解な言葉であり、耳触りの良い言葉が並びましたが、よどみなく、また議場内に良く通る声での市政方針でした。
 若い山下市長に期待した私は、「初めての定例会にしては、堂々とした施政方針演説だった!」と、傍聴席で感心いたしました。
「先進の地域モデルの創造」に挑み、果敢に行動する「改革と創造の市政」を実現
「これからの日本のあるべき地域の姿」を生み出す大いなる試みに挑戦
地域主権の時代の「地域自治モデル」への転換
「市長主導の行政モデル」への転換
「創意と活力に富んだ地域自治」の創造
「改革と創造の市政」の実行
「先進の小牧モデル」の実現
「小牧から全国へと発信」

 そして、10分間の市政方針演説の中で、一番多く使われたのは、「マニフェスト」という言葉でした。
 この時点では、私は気付いていませんでしたが、その後の山下市長の言動から、山下市長は自身のマニフェストを、次のように捉えられている事が分かりました
山下市長のマニフェストの捉え方
市長選挙で当選した⇒⇒⇒小牧市民の信託を受けた⇒⇒⇒選挙時に掲げたマニフェストの内容は、全ての小牧市民から支持された
 この山下市長のマニフェストに対する考えが、その後、「小牧市の進む方向を狂わせた」と私は判断しています。

 確かに、市長選挙で当選するということは、「民主主義という正当な手続きを得て市民の信託を受けた」ということであります。
 他の候補より得票が1票でも上回れば、「市民の信託を受けた」ということには間違いありません。
 しかし、一方で当選者はは、得票という分かりやすい指標を基に、「その信託の内容」を謙虚に受けとめることが必要であると、私は確信いたします。
 平成23年2月6日に施行された小牧市長選挙の投票結果は次の通りです。
投票率;52.13%(115,191人の有権者のうち投票した人は60,044人)
得票:山下史守朗30,650票 中野直輝26,393票、宮田勝三1,902票で、山下市長の得票率は51.05%です。(山下候補の得票は全有権者対比では26.61%です)
 上記の数値を謙虚に受け止め、その後の市政運営に臨む必要があると思います。当選者がだれであろうが・・・。

 さらに、山下史守朗と投票用紙に書いた30,650人の中で、何人の人がマニフェストを読んだのでしょうか何人の人がマニフェスト記載内容を全面的に支持したのでしょうか。
 少なくとも、私は、前々回(その1)で記載しましたように、マニフェストに大きな文字で書かれた3項目にについて、「選挙向けのパフォーマンスだ!」と、山下立候補予定者(当時)に直接申し上げたのです。
 それでも、総合的な判断から「山下史守朗」と、確信を持って書いたのです

 首長マニフェストについて、私は、もう1つの大きな問題が存在すると判断をしています。
 国の議院内閣制と異なり、二元代表制度下における地方自治においては、首長マニフェストは、「議会の議決を経なければ実行することは出来ない」ということです
 首長には予算編成権やその執行権がありますが、その予算案が適正かどうかを判断するのは議会の役割であります。
 従って、選挙で当選した首長は、マニフェスト項目の実行にあたり、市民、市職員、議員に懇切丁寧に説明し、「なるほど」という理解を得なければならないのです
 
 2年9ケ月の山下市政を振り返れば、上記のように「マニフェスト内容を説明し理解を得る場面」、「マニフェスト内容を見直す場面」が多々あったのでありますが、上記のように「当選=市民の信託=マニフェスト全面支持」と、身勝手な判断をして、説明責任を果たすことなく、強行突破してきたのです。

(PS)
 市政方針演説の中で、山下市長は「右へ倣えの地方自治ではなく、市自らの責任と創意工夫による地域運営を目指すにあたり、議会におかれましても活発に議論して頂くことが必要と考えます。議会として市政の在り方や施策を議員間で討論すること、議会報告会の開催など市民対話の推進、それらの制度化を始めとする議会基本条例の制定、および議員定数の在り方等について、市議会において早急にご検討を進めて頂きますよう、議員各位のご理解とご尽力をお願い申し上げます」と、議会に係る自説を述べられました。
 この件については、後日のシリーズで取上げます。

(次回へ続く)  

この記事は2013年11月29日に「こまき無答塾」に書かれた記事「犬山市職員の給与が12月から4ケ月間引下げられます」を Internet Archive から復元→アーカイブ化したものです(アーカイブ方針



11月26日の中日新聞朝刊に次の報道がされました。 
img292.jpg


 ご承知の通り、昨年2月に「国家公務員給与7.8%削減法案」が成立し、国家公務員の給与は平成24年4月~26年3月までの2年間、人事院勧告分も含めて平均7.8%の給与削減が行われています。
 さらに、今年1月に政府は、国家公務員給与を平均7.8%削減しているとして、地方公務員給与についても、この7月から足並みをそろえて削減を実施するよう要請してきました。
 上記の新聞報道は、犬山市が国の要請を受けて、今年12月1日から来年3月31日までの4ケ月の間市長、副市長、教育長、市職員の給与を引き下げようとするものです。

 総務省は、10月1日現在都道府県と市区町村を合わせた計1,789自治体のうち26.7%にあたる478自治体国の求める公務員の給与削減に応じていないとの調査結果をまとめています
 なお、愛知県下においては、国の要請に応じて給与削減を実施したのは、津島市、常滑市、南知多町、美浜町の2市2町です。

 私は、今回の国の要請に対する地方自治体の対応や、削減議案にする地方議会の対応に興味があり、、5月22日のブログでは、小牧市について「職員給与7.8%引下げより、職員能力7.8%引き上げを!」というタイトルの記事を書きました。
 長いサラリーマン人生の経験から、「給与・報酬は、それぞれの能力や仕事の成果によって決めるべきものだ!」、「根拠の希薄な給与削減をすべきではない」という基本的な考えを持っていますので、小牧市についても、「国の要請で職員給与を安易に引下げるべきではない」、「職員の持つ能力を十分に発揮させることの方が重要だ」との観点で書いたブログです。

 犬山市議会の12月定例会は本日開会いたしましたが、上程された50議案のうち、早急に結論を出す必要のあるとのことで、次の3議案については、岡田副市長による議案説明の後、本会議における議案質疑⇒⇒総務委員会における質疑・討議・討論・採決⇒⇒本会議における委員長報告・委員長に対する質疑・討論・採決が行われました。
第76号議案:犬山市特別職の職員の給与に関する条例の臨時特例を定める条例の制定について
第77号議案:犬山市教育委員会教育長の給与等に関する条例の臨時特例を定める条例の制定について
第78号議案:犬山市職員の給与に関する条例の臨時特例を定める条例の制定について
 私は、上記3条例案に対して犬山市議の方々が、どのような対応をされるかについて興味があり、午前10時の開会時から傍聴させていただきました。
 本会議が終了したのは午後5時10分頃で、外は暗くなっていましたが、1日の傍聴はテレビドラマより緊張感のある面白い傍聴でした。

★本会議における議案質疑について
 本会議にいて、上記3議案に対する議案質疑は、お昼の休憩を挿んで2時間ほど行われましたが、途中で2度にわたり議事が中断する緊迫したものでした。
 質疑をされたのは山田議員(清風会)、岡村議員(日本共産党犬山市議団)、ビアンキ議員(清風会)、久世議員(清風会)、小林議員(清風会)、吉田議員(清風会)、水野議員(日本共産党犬山市議団)、岡議員(日本共産党犬山市議団)の8名の議員で、いずれも議案内容に疑問を抱く立場での質疑内容でした。

 質疑に対する答弁は、石田総務部長を中心に、堀場企画財政部長田中市長がされましたが、主な質疑内容は次の通りです。
・給与の引下げを行う目的(理由)は?
・国の要請に従った場合と従わなかった場合の影響は?
・何故、この時期に引下げを行うのか?
・削減率の根拠は?
・引下げについて職員組合との合意はあるのか?
・近隣市町の対応状況は?
・デフレ脱却のため政府は働く者の給与を上げろと言っている中で、引き下げは真逆のことをすることにならないか?
・(「引き下げ分を財政調整基金に充てる」との答弁に対して)復興に充てる検討をしなかったのか?
・人事院勧告(職員分)でもない引き下げ、報酬審(特別職分)との審議を経ていない引き下げをして良いのか?
・地方6団体(全国市長会等)の意見を尊重すべきではないか?
・(「職員組合の同意が得られなかった」との答弁に対して)職員組合が同意しない理由は何か?
・市民合意、職員合意のない市長のトップダウンによる行政には問題があるのではないか?

※上記は私のメモに基づくものでありますので、正確な質疑・答弁については、犬山市議会のユーストリーム映像でご確認下さい。

 なお、議員の質疑内容をきちんと捉えた答弁ではない点や、答弁内容が変遷することについて、「理事者側もっとしっかりしろ!」と傍聴席で感じました。

★委員会での質疑、討議、討論、採決
 委員会では、堀場企画財政部長・石田総務部長も出席されましたが、議員の質疑に対しては中村総務課長、鈴木財政課長が中心に答弁されましたが、私には、2人の課長の答弁は、本会議と違い、議員の質疑の内容をしっかりとらえている答弁だと感じました。
 特に、鈴木財政課長の答弁は、分かりやすい、筋が通った答弁だと思いました。


 委員会では、山田議員から、「職員組合の委員長を参考人として呼んで、組合の意見を聞いた方がいいのではないか」、「本日中に結論を出さず、もう少し時間をかけて話し合えば、組合との妥協点が未出せるのではないか」との提案がありましたが、いずれも賛同者少数(2対3)で採用されませんでした。
 そして、総務委員会としては、3議案全てを賛成多数(4対1)で可決しました。
※委員会終了後に、山田議員に「38号議案(職員給与引き下げ)に関しては、委員会で山田さんは反対すると思ってた」と話したら、「うーん、悩んだけど、市民の顔がチラついて・・・」と言われました。
★本会議での質疑、討論、採決
 委員長報告、委員長に対する質疑の後、山田議員より「継続審議」とする緊急動議が出され、久世議員、岡議員が賛成されましたが、採決の結果「継続審議とする動議」は賛成少数で否決されました。

 その後、岡議員より3議案に対して反対討論上村議員(公明クラブ)より賛成討論があり、採決の結果3議案は賛成多数(11対8)で、原案通り可決されました
 これにより、犬山市職員等の給与は、この12月分より来年3月迄引き下げられることが決定しました。
 なお、職員1人当たりの削減額は約20万円とのことであります。
 
(PS)
 議案に反対した議員は、岡議員・水野議員・岡村議員(以上、日本共産党小牧市議団)、柴山議員・ビアンキ議員・小林議員・吉田議員・久世議員(以上、清風会)です。
 清風会の山田議員・稲垣議員・矢幡議員は3議案に賛成され、会派内で賛否がことなりました。

(PS)
 議案に賛成された議員の中で、議案質疑をされたのは山田議員だだ1人でした。原案に賛成された議員の質疑は他にはありませんので、総務委員会においても、論点を明らかにした深い議員間討議を行うことはありまセでした
 採決結果は別にして、議員間で深い討議が行われなかったことは、1日傍聴した私にとって、やや不満の残る点でした。

 議案を提出する理事者側にも、議案に反対する議員側にも、議案に賛成する議員側にも、まあ、いろいろ悩ましい事柄があるのでしょうね。

この記事は2013年11月28日に「こまき無答塾」に書かれた記事「シリーズ「パフォーマンスを検証する」(その2)」を Internet Archive から復元→アーカイブ化したものです(アーカイブ方針



(前回の続き)
 シリーズ「パフォーマンスを検証する」では、パフォーマンスという言葉を、「人目を集めるための派手な行動」という意味で使用しています。

★(2)平成23年2月・市長として初登庁日
 平成23年2月26日付けで第6代小牧市長に就任した山下史守朗氏は、2月26・27日が土日であったため、初登庁日は2月28日(月)でした。
 その時の様子が、翌3月1日の中日新聞・近郊版に掲載されました。
平成23年3月1日中日新聞朝刊
img291.jpg

 記事には、「新市長の初登庁は職員に花束で出迎えられるのが慣例だが、山下市長は『市長自らが先頭に立って市政を担う姿を職員に示したい』と固辞。午前7時半すぎに登庁し、出勤してきた職員一人ずつと握手して『今日からよろしくお願いします』と協力を求めた」と記されています。

 この記事のコピーは、その4ケ月後の7月31日に開催された「タウンミーティング」に参加した市民に配布された資料にも掲載されましたので、「前例にとらわれない政治」を目指す姿勢をアピールしたかったのでしょうね。

 なお、課長補佐職以上の幹部200人を前にした訓示の中で、昨日のブログで取上げた「市長多選自粛条例の制定」、「特別職の退職金半減」、「議員定数の3分の2への削減要請」に必要な条例改正案について、「3点セットで6月議会に提出したい」と発言されたそうですが、「議員定数の3分の2への削減」については、未だに条例改正案を議会に提出していません。
 もし、提出すれば、世間の笑い者になることが分かったのでしょうか・・・、それとも最初から選挙向けのパフォーマンスとしてマニフェストに掲げたのでしょうか・・・。

★(3)平成23年3月・東北大震災に際して
 山下市長が就任してから2週間後の3月11日東日本大震災が発生しました。午後4時頃からは、現地で余震が頻発する中で、テレビでは大津波に流される家や車や船の様子が流される様子が中継されました。
 その日の午後6時頃の小牧市役所前の様子が、翌12日の中日新聞・近郊版で報道されました。
平成23年3月12日中日新聞朝刊
Feb29721.JPG

 記事には、「小牧市職員組合の有志10人が震災救援隊を結成し、11日午後6時、市役所で食料と飲料水を自家用車に積み込んで被災地へ出発した」と書かれています。
 また、「出発前に山下市長は『被災状況がつかめず、公務で職員を派遣することが困難な中で自発的にいくのはありがたい。ただ、無理はしないように十分注意してほしい』と声をかけた」とも報じています。

 私は、12日の朝に、この記事を見た瞬間に「これでいいのか!」、「小牧市長・職員には、災害時に小牧市民の生命・財産を守のが第1の勤めではないのか!」、「テレビで報道される映像の中で、午後6時に出発するべきか!」・・・、と強い違和感を抱きました。
 そして、出すべきか出すべきでないか迷いながらその日の午後1時過ぎに次の「市民の声」(回答不要)を提出いたしした。
(提出した「市民の声」)
 朝刊の記事「被災地支援へ出発・小牧市職員組合の有志」を読みました。「被災地の方を迅速に支援しよう」という志を持った方が市民の中にいらっしやることに感心し敬意を表します。
 しかし、よく考えてみると、小牧市職員が有志といえども、派遣要請もなく、昨日の夕方6時時点の状況判断で、市の備蓄品を積んで、自家用車で現地に向かったことに、強い違和感を持ちました。
 新聞報道では、山下市長も承知されていたようですが・・・。市長・市職員は、小牧市で大規模な災害か生じたときに、状況を正確に把握し、市民に対して的確な指示を出す立場にある方々です。
 まあ、「土日のプライベートの時間を利用して」との感覚なのでしょうが、私は、今回の報道内容はもとより、このようなことを美談のように記事にする記者も理解することができません。
 小牧市に大きな災害が生じたときに、市が適切な判断が出来るか不安です。思っていることを、そのまま記述し申し訳ありません。
(以上)
 
 そして、迷うながら「市民の声」を提出した私は、自分の判断がどうであったのかをアドバイスをいただくために、アドレスを承知していた小牧市議の方と、桃花台の区長の方に、「市民の声」の原文を送信いたしました。

 その報道から5日後の3月17日、小牧市議会において、選挙時に市職員組合から支持を受けている民主党の谷田貝将典市議が、一般質問に先立ち、次のような発言をされました。(以下、発言の冒頭部分引用)
 まず初めに、3月11日におきました東北地方太平洋沖地震によって震災に遭われた方々にお見舞い申し上げるとともに、1日も早い支援と復興を願っています。
 小牧市におかれましては、3月11日の地震があった直後に、直ぐ小牧市職員組合の青木委員長のもと有志10人がボランティアで結集し、6時には支援物資を積んで被災地まで真っ先に出発されました。
 この決断力と行動力は小牧市の誇りであり、高く称賛したいと思います。本当にお疲れさまでした。
(以上、引用終わり)

 私は、傍聴席でこの発言を聞き、「選挙で支援を受けているといえども、行政をチェックする立場の議員の発言なのか・・・」と、再び強い違和感を抱きました。
 そして、帰宅後に谷田貝市議にも、3月12日に提出した「市民の声」の原文をメールで送信いたしました。
 谷田貝市議からは、翌日に次の返信がありました。(以下、返信文引用)
 色々な意見があるんですね。しかし、私は命をかけて救援に行った人たちに、安全な所にいて何もしない人が、物申すのはおかしい、ただの理屈だと思います。
 この件は僕は譲れません。理屈じゃないんです。しかも公務じゃなく休みを使い、職員という責任感で命をはって有志で行った人らを批判するのは本当にやめてください。口でいうのは簡単です。
(以上、引用終わり)

 返信を受けて、私は谷田貝市議に次のメール文を送信いたしました。(以下、送信文引用)
 まあ、小牧市職員組合は谷田貝さんの支援団体だから、冷静な判断、客観的な判断ができていないのではないでしょうか。
 一般の小牧市民が、震災当日の夕方に自家用車で出発するのであれば、私は何もあのような「市民の声」を提出していません。
 提出した意見に書きましたが、市の職員は災害があった場合に、正確な情報収集に基づく活動を判断したり、市民に指示を与えたり、災害した人にどのような支援が必要かを判断することが求められている立場にある人たちです。
 新聞報道を読んで、私は、その気持ちが分からないでもないですが、市職員として判断が甘い、軽いと思いました。
 その点を谷田貝さんは理解されていないのではないでしょうか。あの人たちが現地に行けたかどうか分かりませんが・・・。
 何もしない者が物申すのはおかしいとのことですが、その通りかも知れません。私は、傍聴の度に市役所のカウンターや受付に設置された支援箱に僅かですがお金を入れています。それが、今、私の出来ることです。
 谷田貝さんが今できることは、他の議員に呼びかけて、街頭で募金活動をすることではないでしょうか。ハチマキやタスキをかけて市民に呼びかけるのは、選挙の時だけでなく、こういう時だと思います。
 この件に関しては、谷田貝さんの支援者だけでなく、幅広く意見を聞いて下さい。ポイントは災害時の市職員の状況判断や行動です。勤務時間であろうがなかろうか関係ありません。
(以上、引用終わり)

 そして、谷田貝市議から次の内容のメールが届きました。(以下、メール文引用)
 はい、堀さんの考えも良くわかりました。すでに僕自身は支援金集めたり、仲間で何度もピストンして、関東東北の仲間がいるので物資を渡しに行っています。むこうはテレビでやっている以上にひどく、略奪や火事(地震)泥棒や放火など治安が最悪になっています。警察官も自衛官も足りないので、向こうの僕らの仲間で自警団を作り、物資や人を守っています。(以上)

 難しい問題でありますので、将来、「私の提出した『市民の声』は、間違っていた」と、反省することがあるかもしれません。
 しかし、もし私が小牧市長であったならば、「夕方、6時の時点で、職員が現地に向かうことは許可しなかったであろう」と、今でも思っていますが・・・。
 皆さんが市長であった場合には、どのような判断・指示をされたでしょうか・・・。

(PS)
 後日、この記事に掲載されている写真は、小牧市職員が撮って、中日新聞の小牧通信局に持ち込んだことと、現地には(当然ですが)入ることは出来ず、支援物資は山形で降ろしたと伺いました。
 やっぱり、市長のパフォーマンスなのではないでしょうか。

(次回へ続く)

この記事は2013年11月11日に「こまき無答塾」に書かれた記事「市民の意見を聞いて議員定数を決めよう!」を Google検索のキャッシュ から復元→アーカイブ化したものです(アーカイブ方針



小牧市議会の「議員定数等検討委員会」は、議員定数・議員報酬について検討してきましたが、議論の争点を明らかにした議員間の活発な討議を行わず議会としての意見集約が出来ませんでした
 そして、7月23日に開催された第5回委員会においては、「議員定数を28名から3名減して25名とする」こととセットにして、「平成23年8月から1割減している議員報酬を元に戻す」ことが、牧政会と小牧市民連合の意思により、小牧市議会の目指す方向といたしました。

 上記の結論で委員会が閉会されようとした時、たまたま5分程の休憩時間がありました。
 トイレ休憩ではなく、コピーを撮るための休憩でしたので、委員会の議員も傍聴者も殆どが着席した状態の「斬時休憩」でした
 その時、休憩時間であることを確認して、私は、玉井宰委員長(牧政会)に向かって「委員長」と手を挙げました。
 玉井議員から「はい、どうぞ」との返事がありました。
 この時の状況については、7月25日のブログ(タイトル「斬時休憩の効用?」)で報告いたしました。
 その時の私の発言は次の通りです。
 議員定数や議員報酬を改定する場合には、市民の意見も聞くべきではないでしょうか。
 議会改革の先行している市町の議会においては、議会基本条例の中で、「議員定数や報酬の改定にあたっては、市民の意見を聞く」という条文を定めています。
 小牧市議会は、市民の意見を聞かないで定数や報酬の改定を行うのですか
。(終わり)

 上記の私の発言が、再開後の委員会で成田隆三議員(牧政会)が次のように取上げられました。(委員会の会議録引用)
 委員長のお話中すみませんけど、休憩時間に毎回傍聴に来ていただいている市民の方から提言がありました。やはり僕も正直言ってちょっと性急かなと思っていたんですよ。議会改革委員長を昨年やらせていただいておって、大変難しい問題だなというふうには僕は意識しておりました。それを今度この検討委員会で、諮問委員会をつくってやっちゃうというようなことに今ごろ言っておっては何ですけど、若干違和感があったんですよ。
 それでできたらちょっと議会から外へ出して市民の皆さんの意見を1~2度聞くべきだなという思いは前々から持っていました。せっかくこういう意見もあったし、どうしても今12月、当然12月議会に議員提案として上程しても時間がありますので、そういうことを一度、真剣にこの今ここで一度やってみようじゃないかとかアンケート調査でもいいし、そういうことを一度やってみようじゃないかという思いは、皆さんにちょっとお諮りしていただきたいなと思いますが、いかがでございますでしょうか。
(以上、引用終わり) 
 続いて、橋本哲也議員(公明党小牧市議団)、水谷勉議員(当時:無会派 現在:牧政会)も、私の休憩中の発言に賛同されました。

 そして、9月20日定数等検討委員会の玉井委員長から川島公子議長(当時)に提出された答申書の文末に「拙速に結論を出さず、広く市民の声を聴くべきだという意見も出されました」と記載されました。

 「市民の意見を聴く」という課題について、今後どの様に扱うのかは明らかにされておりませんが、是非ともそのような機会を設けていただきたいと思います。
 また、そうした機会を利用して、地方議会が担っている重要な役割について、市民の認識を挙げていただきたいと思います

★議員・議会事務局の皆さま、山下市長に是非読んでいただきたい本
 小牧市立図書館で、山梨学院大学教授・江藤俊昭著「自治体議会学という本を借りて現在読んでいます。
img267.jpg
 
私は、これからの地方議会のあり方について、非常に参考になる本だと思います。是非とも関係者の皆さまには読んでいただきたいと思います。
※議会図書室にもあると思いますが、2,190円の本ですので、28名の議員の方が政務活動費で購入しても総額は61,320円に過ぎません。

 なお、目次は次の通りです。
第1章 「人格を持った議会」の登場
第2章 新しい議会を担う議員の資質
第3章 機関競争主義を作動させつ議員活動
第4章 住民と考える議員報酬・議員定数
第5章 議会事務局のミッション
第6章 議長のリーダーシップ


 61,320円の政務活動費は、この本が有効に活用されれば、小牧市財政に、千倍いや、万倍返しとなると確信いたします。

↑このページのトップヘ