2016年07月

この記事は2016年07月31日に「こまき無答塾」に書かれた記事「もし、新小牧市立図書館をA街区に建設すれば、山下市長は、ラピオも小牧駅周辺整備計画も破壊することになる」を Internet Archive から復元→アーカイブ化したものです(アーカイブ方針


★人間性を失した現職批判のマニフェスト

 平成23年月6日に施行された小牧市長選挙に山下候補が初挑戦した時、マニフェストに次のように掲げました。

マニフェストの「大型プロジェクト・まちづくりの見直し」項目
img155.jpg

 ご覧いただいた通り、冒頭に「中野市政16年間全く進んでいない」と掲げ、5選を目指した中野市長を批判しています。

 私は、当時、マニフェストの「中野市政16年間全く進んでいない」という現職の名前を挙げて批判する文章を読んで、複数の小牧市議から、「山下氏は小牧市選出の県議を8年近く務めているが、小牧市のことは全く知らない」と聞いていたが、「人間性にも問題がある人なのだなあ・・・」と思いました。

 なお、まちづくりについて市民の声を聞くことも、行政区や学校通学区の線引きの検討もしておりませんが、当選後の山下市長の言動に接し、「政治家云々以前に、人間性が欠如した人物だ!」「平気で市民に嘘をつく人物だ!」「他人の意見を聞き入れたり、反省をすることを全くしない人物だ!」「選挙のためなら何でもやる人物だ!(※)」と判断するようになっていきました。
※?@平成23年10月の市議選において、応援の見返りとしての誓約書の提出要請 ?A平成27年2月の市長選挙おいて、「市の借金を60億円削減した」との虚偽の選挙文書作成 ?B平成27年10月の市長選挙において、投票日前日の当選祝い文面の配布。
 
 このような人間性の欠如した人物が、総合計画をぶち壊して策定した新基本計画の市政戦略編に「こども夢・チャレンジNo.1都市」を掲げていることを笑ってしまいますね
 小牧の子供たちが、人間性の欠如した大人になるのではないかと心配して・・・

 仮に、山下市長と同様に、人間性に問題がある人が存在し、次の市長選挙(平成31年2月)に立候補すれば、「山下市長は、任期8年の間に、ラピオビルと小牧駅周辺整備計画を壊滅的に破壊した」と掲げるかもしれません。
 まあ、マニフェストに、現職を名指しで批判するような人間性に問題があるような人は、山下市長以外にはいないでしょうが、もし今後、新小牧市立図書館をA街区に建設すれば、山下市長は、ラピオビルも小牧駅周辺整備計画も壊滅的に破壊した」というのは内容については、間違いありません。


 本日のブログは、ラピオビル小牧駅周辺整備計画に関する山下市長の破壊行為を記述いたします。

★第1の破壊
 先ず、平成20年3月に策定された小牧駅周辺整備計画の計画図をご覧ください。(小牧駅周辺整備計画は、既に整備が終わっているラピオビルのあるB街区を除き、小牧駅前のA街区・駅西駅広場・駅東駅前広場の整備計画です)

小牧駅周辺整備計画の整備計画図
img141.jpg

 小牧駅周辺整備計画の内容は、市有地の?@の部分(緑色)を「多目的広場(にぎい広場)」に整備、市有地の?A部分(黄色)に「図書館と公共施設」を整備、市有地の下の?Bの部分(黄色)に民間開発による「商業ビル」を整備、上の?Bの部分(黄色)と民有地(白色:駐車場)に「オフィスビル(賃貸ビル)」を整備、バスターミナルを駅東駅前広場から「駅西駅前広場へ移設」「タクシー乗り場の移動」「ペデストリアンデッキの撤去」などでありました。
※ペデストリアンデッキは、小牧駅からラピオビルに通じる巨大な歩道橋です。

 ところが、平成21年3月に策定した新小牧市立図書館建設計画の提出に際し、唐松会長はじめ協議会委員全員の名前で、副島教育長(当時)宛に、「新小牧市立図書館建設基本計画」に伴う意見書を提出し、その第1項目に「新図書館の建設にあたっては、継続的な来館者増を期待できる複合施設となるよう努める と」記載しています。
※私は、上記意見者については、計画を検討した協議会委員の自主的な判断でではなく、教育委員会(小牧市)から、小牧栄周辺整備計画の兼ね合いで、提出するよう指導されたとの見方もしています


 新小牧市立図書館建設基本計画が策定された平成21年度以降のスケジュールは、本来であれば、「基本設計」「実施設計」と進むハズですが、建設を予定した図書館と公共施設を含む複合施設が、A街区に予定した土地に収まらず、基本設計に入ることができませんでした

 そうした状況の中で、平成22年5月ごろより、ラピオのテナントの退店が相次ぎ、ラピオビルに大きな空床が生じる事態となりました。
 「ラピオビルの経営安定化が、小牧駅前活性化の大前提」と判断する中野市長は、A街区に予定していた複合施設の建設を取り止め、新図書館をラピオビル3階~4階に移設することを表明しました。
 中野市長の方針については、図書館の建設場所を議決する教育委員会も、図書館の建設場所に係る条例を議決する議会も同意しました。
 また、ラピオビルが図書の荷重に耐えられるかどうかについて、専門業者の調査も行われ、1,600万円(当時の金額)をかけて補修すれば、図書館を移設しても大丈夫だと確認されました。

 その直後の平成23年2月の市長選挙で中野市長を破って初当選した山下市長は、「ラピオビルは第一義的に商業ビルだ」として、新図書館のラピオ移設を白紙にし、小牧駅前に不適合の業態であるファニチャードーム誘致を主導し、平成23年12月1日に、ラピオビル3階~4階にオープンさせました。

 山下市長の当時の判断が間違っていたことは、ファニチャードームが、昨年10月に4階売場を3階に集約したこと今年12月末でラピオビルから撤退することで、ことで証明されました。
 山下市長は、自身の間違った判断を反省するどころか、昨年10月からファニチャードームの4階売場であったフロアが空床のまま放置されていること、12月末で3階フロア全てが空床になることについて、全く責任感を感じていません。
 しかし、この判断ミス・反省不足は、今後のラピオビルの経営安定化に繋がる第1の破壊となります。 


★第2の破壊
 平成27年1月15日に、小牧の男性が「小牧市が小牧駅前(A街区)の市有地を随意契約で東春信用金庫に売却したのは違法、不当だとして小牧市監査委員に住民監査請求」いたしました。そして、翌16日の中日新聞は次のように報じました。
成27年1月16日中日新聞記事の内容
 小牧市が名鉄小牧駅の市有地を東春信用金庫に売却した処分をめぐり、不当に廉価だったため市に損害を与えたとして、市内の70代会社経営男性が15日、損害額とする1億5301万円を山下史守朗市長が市に支払うことを求めた住民監査請求書を市監査委員に提出した。
 請求書や代理人弁護士によると、2013年4月、1億2461万円で市有地916平方?bを東春信用金庫に1坪約45万円で売却した。しかし、この市有地に隣接する民有地が07年2月、マンション建設会社に売却された際は1坪約100万円だったとして、差額が市への損害額になると主張している。
 監査委員は60日以内に、請求が適合かどうかを審査し、適合なら容認または棄却の判断を示す。
 山下市長は会見し、「手続きも売却価格も問題ないと考えている。東春信用金庫への売却が市の利益になると判断した」と述べた。


 上記住民監査請求に対し、平成27年2月6日小牧市監査委員会が「却下」の判断をしていたことが2月10日に明らかになり、翌2月11日の中日新聞・朝日新聞は、次のように報じました。
中日新聞
img339.jpg

朝日新聞
img340.jpg


 住民監査請求の流れは、?@請求書の収受?A請求の要件審査➡?B(要件を備えている場合は)監査の実施と進みますが、要件を欠いている場合には却下で監査の実施をしないという流れです。
 小牧市監査委員の判断は「1年以上経過した案件であり、要件を欠いている」との判断でありますので、監査を実施しないで住民訴訟住民監査請求を却下するということでありました。

 確かに、山下市長が東春信用金庫に市有地を随意契約で売却したのは平成25年4月でありますので、監査請求を監査する要件である「1年以内」を過ぎています。
 しかし、新聞記事をご覧いただく通り、代理人弁護士「依頼者の意向を確認し、住民訴訟を提起することになる」と述べています。

 
 その後、住民訴訟を提訴されましたが、依頼者の考えは、「東春信用金庫に市有地を売却することについては、市民には全く知らされておらず、市民が売却の事実を1年以内に把握することは不可能であった」というのが、住民訴訟提起の根拠であると、私は受け止めています。

 なお、現在、住民訴訟は高裁で争われていると聞いています。

 一体、山下市長は、一般競争入札で売却すべき市有地を、どのような手口で、随意契約で東春信用金庫に売却したのでいょうか。

「小牧市普通財産土地の売払いに関する要綱」とその改正

 要綱の第4条を、改正前と改正後と比較して見てみましょう。(改正は平成24年6月8日
改正前
(処分方法)
第4条 土地の売払いは、原則として、一般競争入札により処分するものとする。ただし、次に挙げる場合は、随意契約によることが出来るものとする。
(1)公用、公共用又は公益事業の用に供するため必要とする土地を国、公共団体又は事業者に売払う場合
(2)公共事業に用地を提供した者に、その用地に大替地として土地を売払う場合
(3)形状が不整形又はおおむね100坪未満のため、単独で利用することが困難な土地を当該土地に隣接する土地所有者に売払う場合
(4)居住用地として現に貸し付けている土地を、借り受けている者に居住用地として最小限必要な土地に限り売払う場合
(5)永続的に使用に耐える建物又は堅固な構造物の敷地として貸し付けた土地を当該建物又は構造物の所有者に売払う場合
(6)入札の不成立、落札者の権利放棄等のため入札により売り払うことのできなかった土地を売払う場合
(7)前各号に準ずる場合として市長が認める場合
(以上)

改正後
(1)~(6)は改正前と同じ。
(7)前各号に上げるもののほか市長が必要と認める場合。
(以上)

 ご覧いただくように、改正後の第4条(7)を、「前各号に上げるもののほか市長が必要と認める場合」とし、(1)~(6)の規定を骨抜きにしてしまいました。
 改正後の(7)を適応すれば、山下市長は市有地を全て随意契約で売却することができるということであります。
 しかし、要綱改正の是非は別として、市民にはこの要綱変更について全く公表されていなかったということです。

 一方、東春信用金庫への市有地の売却について、小牧市議会にはどのように伝えられていたのでしょうか・・・。

小牧市議会の小牧駅周辺活性化委員会(平成24年11月26日)より
江口都市建設部長(当時)の説明該当部分を会議録から引用
 小牧駅周辺整備のうち、A街区につきましては、先の9月議会におきまして、澤田議員から御質問があり、市長から「早い時期にA街区を整備する必要があり、A街区に導入する公共的な機能については、協働・交流、情報発信、あるいは生涯学習等それぞれの拠点として整備の必要性を感じており、図書館を含めて、A街区全体像の検討を進めていきたい」とお答えさせていただいたところです。
 その後の状況につきましては、一点御報告を申し上げます。内容につきましては、A街区北東部におきまして、東春信用金庫が本店の移転を行いたいとの意向があり、A街区北東部の民有地と市が所有いたします土地とを合わせた場所に、本店を建設したいというものであります。民有地の権利者と東春信用金庫との間で基本合意が調ったとのことに伴いまして、本年9月に、東春信用金庫から市に対しまして、この市が所有いたします土地を譲渡してほしいという要望書が提出されました。
 市といたしましては、検討を行った結果、この市が所有する土地約950平方メートルを東春信用金庫に売却し、民間活力によるA街区北東部の高度利用を促進していくことにより、A街区の整備を進めてまいりたいと考えております。
(以上)

小牧市議会の小牧駅周辺活性化委員会(平成25年8月23日)より 
江口都市建設部長(当時)の説明該当部分を会議録から引用
 昨年11月に開催されました当委員会におきましてA街区に市が所有いたします土地を東春信用金庫に売却し、民間活力によるA街区北東部の高度利用を促進してまいりたいと御説明を申し上げました。
 その後の状況でありますが、本年4月に市と東春信用金庫との間で土地売買契約を締結いたしまして、既に土地の引き渡しを完了しております。現在、建物の計画を進めているところと聞いております。
(以上)

 このように、市議会に対しては東春信用金庫に市有地を売却したことを報告していますが、議員が、その売却が随意契約で行われていたことを承知していたのか、また、そのために要綱改正行ったことを認識していたのかは分かりません。
 後で、「売却はそういうことだったのか・・・」と気付き憤慨されている議員もおられるでしょうが、市長と市長を支える会派のズブズブの関係で、売却が行われたのかも知れませ。

 ここで、山下市長の売却方法云々は別にして、A街区の市有地を東春信用金庫に売却したしたことは、小牧駅周辺整備計画(平成20年3月策定)にとって、正しい判断だったのでしょうか、それとも間違った判断だったのでしょうか。
 私は、「東春信用金庫へ市有地を売却したことは、大きな判断ミスである!」、なぜならば、この売却により、同整備計画は、完全に破壊されたからであります。
 本来であれば、同整備計画で目指したのは、?@多目的広場の整備、?A図書館を含む複合施設の整備、?B民間業者による商業ビル・オフィスビルの整備、バスターミナルの駅西駅前広場への移設等であり、全てが進展していない状況の中では、同整備計画の見直しの検討をすべきですが、多目的広場の一部、商業ビルの一部としていた市有地を、山下市長が東春信用金庫に売却したことにより、同整備計画は、見直しのできない状態、取り返しのできない状態に完全に破壊されてしまいました。


★第3の破壊
 6月30日に開催され小秋都市開発?鰍フ株主総会で、ファニチャードームが12月末で退店することが明らかになりました。
 また、同社の決算報告書を読めば、来年11月には、1階~2階の平和堂が退店する可能性が高いことが予想されます。

 そうした中で、小牧市駅前にとって極めて重要なラピオビルの経営安定化のために、空床となる3階と既に昨年10月から空床となっている4階の一部に、新図書館を移設すべきでありますが、突然、ラピオビルの施設コンセプトを「こども・子育て」とし、7月6日に開催された文教建設委員会における山下市長の発言の発言は、新図書館移設を阻止するような内容です。

 もし、新図書館を、今後A街区に建設するようなことがあれば、ラピオビルの経営安定化も、A街区もくちゃくちゃ(ハチャメチャ)の状態になってしまいます。
 審議会委員の皆さん、小牧市民の皆さん、幅広い視点で、新図書館の建設場所を提言いたしましょう。

★住民監査請求の経過報告集会のお知らせ
 住民投票に際し、山下市長は「中立性を欠く説明資料を作成し、市に損害を与えた」として、伊藤宏行前市議、川島公子前市議、竹内里美前市議、成田隆三前市議が中心となって住民監査請求➡住民訴訟の提起を行っていますが、その後の経過について報告会が下記の通り開催されます。
日時:平成28年8月3日(水)午後1時30分より
場所:中部公民館 3階学習室

 なお、当日は新図書館の建設場所等についても意見交換がされる模様です。

この記事は2016年07月30日に「こまき無答塾」に書かれた記事「日本国憲法を一緒に勉強しませんか(その3)」を Internet Archive から復元→アーカイブ化したものです(アーカイブ方針


2005年2月2日より中日新聞・東京新聞に掲載された「逐次点検日本国憲法」を編集し、2005年7月に刊行された3冊の小冊子を教科書に、皆さんと一緒に日本国憲法を勉強し、私と皆さんが、今後予測される憲法改正議論を見つめる時の参考になればと思っています。
※なお、中日新聞社には、分かりやすい小冊子を引用させていただくことを許していただきたく、お願い申し上げます

 本日は、7月16日の「その1:前文」、7月17日の「その2:第9章改正」に続き、「第一章第1条~8条の天皇」について勉強しましょう。


★日本国憲法第一章 天皇

第一条 天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。

第二条 皇位は、世襲のものであつて、国会の議決した皇室典範の定めるところにより、これを継承する。

第三条 天皇の国事に関するすべての行為には、内閣の助言と承認を必要とし、内閣が、その責任を負ふ。

第四条 天皇は、この憲法の定める国事に関する行為のみを行ひ、国政に関する権能を有しない。
2 天皇は、法律の定めるところにより、その国事に関する行為を委任することができる。

第五条 皇室典範の定めるところにより、摂政を置くときは、摂政は、天皇の名でその国事に関する行為を行ふ。この場合には、前条第一項の規定を準用する。

第六条 天皇は、国会の指名に基いて、内閣総理大臣を任命する。
2 天皇は、内閣の指名に基いて、最高裁判所の長たる裁判官を任命する。

第七条 天皇は、内閣の助言と承認により、国民のために、左の国事に関する行為を行ふ。
一 憲法改正、法律、政令及び条約を公布すること。
二 国会を召集すること。
三 衆議院を解散すること。
四 国会議員の総選挙の施行を公示すること。
五 国務大臣及び法律の定めるその他の官吏の任免並びに全権委任状及び大使及び公使の信任状を認証すること。
六 大赦、特赦、減刑、刑の執行の免除及び復権を認証すること。
七 栄典を授与すること。
八 批准書及び法律の定めるその他の外交文書を認証すること。
九 外国の大使及び公使を接受すること。
十 儀式を行ふこと。

第八条 皇室に財産を譲り渡し、又は皇室が、財産を譲り受け、若しくは賜与することは、国会の議決に基かなければならない。


中日新聞発行の小冊子解説(抜粋)より
〇第一条
旧憲法では、天皇を「統帥権の総攬者」と規定し、天皇には絶大な権限が与えられてきた。だが、現行憲法は、天皇を「象徴」と表現し、国政に関する権限を持たず、国事行為のみを行う存在とした。
第二次世界大戦後、米国などの連合軍では天皇制廃止を求める意見が強かった。しかし、日本の国内世論は天皇制擁護論が圧倒的で、総司令官マッカーサー元帥は天皇制廃止は占領政策に不利と判断。天皇の強大な権力をなくしたうえで、天皇制を存続させた。


〇第二条
最近(※中日新聞・東京新聞に、「逐次点検日本国憲法」が掲載された当時)、にわかに注目を集めている「女帝」容認論。皇位継承について書いてある第二条は、この問題に直結する。

皇室典範第一条では、「皇位は、皇統に属する男系の男子が、これを継承する」と規定している。女性天皇を認めるには、この条文を改正しなければならない。

〇第三条
天皇が行う「国事に関する行為」をめぐっては、内閣が決定することを定めているのが三条だ。天皇の行為を、議会制民主主義に基づく内閣の判断に委ねることで、天皇の行う「国事行為」が国民の意思に沿うものになるよう規定している。
間接的に、天皇も国民主権の下に置かれることを示したもので、一条で「国民の総意に基づく」と定めた天皇の地位を、内閣との関係で保障したといえる。
 

〇第四条
天皇の国事行為は具体的に、六、七条に列挙されている。ここでは、旧憲法下で天皇の統帥権を盾に軍部が独走した戦前の教訓から、天皇のあらゆる行動が国政に対して影響を与えることないよう規定し、天皇の政治影響力を排除した。天皇は国事行為以外に、私的な行動も当然行う。こちらも国政に影響を与えることはあってはならないとされている。

ただ、実際のところ天皇は、外国公式訪問や国内の公式巡幸、国会開会式での「おことば」だど、国事行為ではなく私的行為とも言えないことを少なからず行っている。これらは「公的行為」と呼ばれていて、国事行為と同じように内閣がその責任を負うが、憲法上の規定はない。

〇第五条
どのような場合に摂政が置かれるかなどについては、皇室典範の十六~二一条で規定している。それによると、摂政が置かれるのは、天皇が成年(十八歳)に達しない時か、心身の疾患や重大な事故で自ら国事行為を行うことができず、皇室会議で摂政を置くことを決めた時。摂政になれるのは(1)皇太子、皇太孫(2)親王・王(3)皇后(4)皇太后 など、成年の皇族とされている。

〇第六条
首相や最高裁判所長官の任命というと、とても大きな権限を持っているように感じるが、国民主権をうたっている今の憲法では、天皇はあくまで象徴的な存在。それぞれ国会、内閣の指名に基づいて行うと規定されているため、天皇が独断で任命することはできなくなっている。

〇第七条
七条も、六条に続いて天皇の国事行為を具体的に書いている。いずれも三条で定めているように、「内閣の助言と承認」に基づいて行われる。
この中で、常に議論されてきたのが三番目の衆院解散。天皇の国事行為だが、内閣の助言と承認が前提になるため、事実上は首相に「解散権」があるとされている。事実、多くの歴代首相が、自身の政権にとって、有利な時期を選択して「七条解散」を断行してきた。
しかし憲法には。六九条に衆院で不信任案決議案が可決された場合の解散の規定があるだけで、首相に解散権を明文規定はない。


〇第八条
皇室は戦前まで、膨大な財産を持っていたが、今は憲法の八八条で、すべての皇室財産は、国に属することが決まっている。この八条ではさらに、皇室の財産の授受を国会のコントロールの下に置いた。
ただ、すべての財産移動に議決が必要なわけではない。皇室経済法では、私的経済行為、外国との交際のための儀礼上の贈答など、少額の財産授受は議決を不要としている。このため、実際に議決が行われることは、そう多くない。


(お断り)
 「日本国憲法を一緒に勉強しませんか」のシリーズにはコメントを受け付けておりませんので、ご了解ください。

この記事は2016年07月29日に「こまき無答塾」に書かれた記事「最近の想いを2つ」を Internet Archive から復元→アーカイブ化したものです(アーカイブ方針


★想い:その1
 その日の朝、私は、リビングのパソコンに向かっていましたが、テレビのNHKニュース速報で「19名が殺害された模様・・・」との音声が耳に入りました。
 テレビを視ていた家内に、「世界で起きた事件、日本のこと・・・」と尋ね、相模原市の障碍者施設「津久井やまゆり園」で起きた事件と知り驚きました。


 現在、小牧市では新図書館建設審議会が開催されており、その建設場所の1つの候補であるラピオビルを管理運営する小牧都市開発??が、6月30日付で小牧市に「報告及び要請」と称する文面が提出されたことが明らかになりました。
 その文面では、小牧都市開発?鰍ヘ、今後のラピオビルの施設コンセプトを、「こども・子育て」とするものでした。
 私は、あの速水社長小牧商工会議所専務理事)が、「報告及び要請」と称する文面に書かれた内容を、小牧市に提出したことに疑念を抱き、7月27日に、次の「行政文書開示請求書」を提出いたしました。
 私の疑念とは、「あの速水社長が、このような文面を出すがハズがない」という想いと、「あの速水社長までが、商工会議所が行うプレミアム商品券発行事業に対し、毎年1億円以上の助成金を受けていることを意識して、山下市長の政策に擦り寄ったのか」という想いが、交錯する中での疑念でありました。


提出した行政文書開示請求書
img154.jpg


 山下市長は、平成21年度から30年度を計画期間とする第6次小牧市総合計画の中間点における基本計画の見直しにあたり、大勢の市民・大勢の職員が努力して作成した第6次小牧市総合計画を、実質的にぶち壊し市政戦略編の都市ヴィジョン1として「子ども遊・チャレンジNo.1都市」を掲げ、その戦略として「こどもの夢を育み、夢への挑戦をみんなで応援するプログラムの展開」といたしました。

 こども夢育み事業の一環として、小牧市はJFA(公益財団法人日本サッカー協会)との契約に基づき、「夢の教室」を実施しています。
※ホームページによれば、夢教室とは、「役のJリーグやなでしこリーグ、Fリーグ、JFLの選手、そのOB/OGなどのサッカー関係者及び他の競技種目の現役選手、そのOB/OG等が、「夢先生」として、自らの体験をもとに「夢を持つこと、その夢に向かって努力することの大切さ」、「仲間と協力することの大切さ」などを講義と実技を通じて子どもたちに伝えるとのことであります


 私は、子供の夢がどのようにして育まれ、どのようにして子供の夢が破れるのか等に関する知識は全くありませんが、自分自身の経験から、「夢教室って、何か、チャラいことをやっているなあ・・・」「基本的に、こどもの夢は、子供自身が抱くもので、大人が上から目線で抱かせるものではないのに・・・」との想いがあります。

 また、こども夢育み事業の一環として、小牧市においては、今年の6月議会において、「小牧市地域こども子育て条例案」が提出され、その原案に対する修正案も提出されましたが、賛成少数で否決され、賛成多数で原案通り可決されました。
※修正案といっても、条例そのものを修正すべきというものではなく、第2章「こどもの務め」を削除する、第3章「保護者等の責務」を「保護者等の役割」に修正し、「保護者の責務」を「保護者の役割」に、「地域住民の責務」を「地域住民の役割」に、「事業者の責務」を「事業者の役割」に、「学校等の責務」を「学校等の役割」に、「市の責務」を「市の役割」に修正するというものでした。

 私は、「修正案の方が可決された方が良い」と、傍聴席で判断していましたが、現状の小牧市議会では、議論を深めることもなく、山下市長が提出した原案通り、賛成多数で可決されました。

 
 そうした種々の「こども・子育て」に関する想いの中で、「津久井やまゆり園」の事件が発生したのですが、お昼ごろには、容疑者の名前や、容疑者が教師を目指していたことが報道されました。

 私は、お昼過ぎに家内に「容疑者の親は教師だろうね・・・」とつぶやいたところ、家内から「お父さん、そんな決めつけては駄目よ・・・」と言われました。
 しかし、夜になって、容疑者の父親が教員であったことが報道されました。その報道に私は、「やっぱり、親は教師であったか・・・」と、心の中でつぶやきました。


 勿論、教師の中でも極々一部の事例でしょうが、私は、特に、校長等の管理者を経験した教師は、自分の子供に、「お前も、お父さんの歩んできた道を進め」と、レールを敷いてしまうケースがあるようです。
 子ども自身の夢に耳を傾けないで(子供の夢について話を聴いてやらないで)、親が子どもの人生のレールを敷いてしまう事例があるようです。
 親がレールを敷いた場合、そのレールに乗っかれない子供達親に自分の意見を言えない生真面目な子供達は、徐々に親に反発し、親と口をきかなくなったり、自分の世界に閉じこもったりしてしまうと思います
 そうした視点で今回の事件を見つめると、容疑者の犯行は絶対に許されませんが、「容疑者も被害者の一人かもしれない・・・、かわいそうに・・・」との想いが、心の中のどこかにあります。


 私ごとですが、薬剤師の父親は、まちの小さな薬局を自営していましたが、5人の子供を大学まで通わせるために、母親と一緒に年中無休状態で働き、自分の娯楽など一切捨てて、5人の子供を育てることに愛情を注いでくれました。
 そして「お前も薬学部へ行け」というようなことを一度も言ったことはありませんでした。そして、子供の頃から毎日のよに交わした両親との会話から得た経験をベースに、私は自分の判断で薬学部に入学し、自分の判断で武田薬品に就職し、自分の判断で家内と結婚し、自分の判断で15年余り務めた武田薬品を退職し、自分の判断で2つの会社で働き、私の人生は私自身が決め歩んでまいりまいた。
 
 子どもに対しても、「こういう大学を目指せ」、「こういう会社に就職しろ」、「こういう人と結婚しろ」とは一度も言ったことはありません。
 こどもに対する愛情をもって、「自分の人生は自分で切り開いてほしい」見守ってきただけであります。


★想い:その2
 都知事選挙の投票日が近づいてきました。テレビのワイドショー番組では連日、主要3候補の言動を中心に報道しています。
 その中で、先ず1つ気になるのは、鳥越俊太郎氏の立候補について、「究極の後出しジャンケン」だと報道している点です。
 そういうワイドショー番組を視聴する私が悪いのかもしれませんが、そのような時、「何が究極の後出しジャンケンだ! お前たちこそ究極の取材不足ではないか!」との想いで腹立しくテレビ画面をにらみつけています。

 次に、地方自治の二元代表制における、首長・議会(議員)・市民の役割や、投票することの重要性を取り上げるのではなく、視聴者が興味を抱きそうな内容の報道を繰り返し、タレントに専門外のコメントを言わせることで番組を構成していることについては、「テレビがますます、自分で考えない馬鹿な国民を育てようとしているなあ・・・」との想いがあります。

 ふるさと納税制度が、受益者負担に反する制度であることえを一切取り上げることなく、寄付の見返りとして提供される特産品ばかり報道しているのと同じです。

 そうか、テレビ(特にワイドショー番組)は、「ポケモンgo」ならぬ、「バカモンgo」のアプリか・・・


(お断り)
 本日のブログのカテゴリーは「管理者の想い」でありますので、コメントを受け付けておりませんので、ご了解ください。

この記事は2016年07月28日に「こまき無答塾」に書かれた記事「第8回新小牧市立図書館建設審議会を傍聴して・・・、内野会長も事務局も苦労されるだろうな・・・」を Internet Archive から復元→アーカイブ化したものです(アーカイブ方針



7月27日午前10時から第8回新小牧市立図書館建設審議会が開催され傍聴いたしました。(傍聴者38名)
 審議会委員の役割を重視している私にとって、第8回審議会においては、1部の委員を除いた、大半の委員の発言を聞き、審議会委員としての自覚(認識)不足、審議会委員としての勉強不足を目の当たりにし、ガッカリする内容でした

 傍聴席で、「このような状況であれば、内野会長は苦労されるだろうな・・・」「さらに事務局も審議会委員と山下市長の狭間で苦労されるだろうな・・・」と思いました。
 そして、全国の図書館から注目されている小牧市の審議会がこのような状況であることを、1市民として恥ずかしく感じました。

 第8回の審議会では、前回(7月13日)に続き、新図書館の建設場所に関する審議が行われましたが、委員に資料が事前に郵送された次の比較表を基に審議が行われました。(傍聴者には比較表は、当日の受付で渡されました
比較表(資料1-1)
img152.jpg
img153.jpg
 資料1-1はA3サイズ縦ですが、ブログ掲載にあたって、A4サイズに分割して掲載いたしました。
 なお、資料1-1の補足資料として、資料1-2配布されましたが、A4サイズ10枚におよぶ資料でありますので、本日のブログへの掲載を割愛させていただきます。(8月9日の第9回審議会の前日にはホームページにアップされる会議録・配布資料でご確認ください)


 上記の資料1-1は見づらいと思いますが、建設候補地として、?現図書館について、「?-1 改修+増築」「?-2 現位置に建替」に分け、「? A街区 新設」「? ラピオ内 改修」の4つのケースに分けて、21年3月に策定された新小牧市立図書館建設基本計画で定めた延床面積6,875?に、駐車台数を160台に想定し、それぞれの建設費用と駐車場整備費用それぞれを試算し、またその合計費用を次のように記載しています。
(費用合計)
 「?-1 改修+増築」では約35.2億、「?-2 現位置に建替」では約42.6億、「? A街区 新設」では約40億、「? ラピオ内 改修」では約11.4億と試算しています。
 また、それぞれのケースについて、現図書館の閉館期間を「?-1 改修+増築」では2年程度、「?-2 現位置に建替」では2年3ケ月程度、「? A街区 新設」では3ケ月程度、「? ラピオ内 改修」では3ケ月程度と予想しています。
※資料1-1には、小牧市の本館としての新図書館の建設場所に密接に関係する立地便利性に関する記載も、4つのケースそれぞれについて、オープン時期に関するも記載されておりませんので、審議会終了後に事務局の方に伝えました。



★建設場所に関する発言の中で、「審議会委員として適切だ!」と判断した発言

その1.第7回審議会(7月13日開催の会議録より)
浦部幹資委員(学術経験者:愛知淑徳大学非常勤講師)
 立地、建設位置をどこにするかという話だと思いますが、基本構想の 21 ページに「施設設備に関する基本的な考え方」の中に、「施設立地に関する考え方」が記載されており、?公共交通によるアクセスが良い場所、?他施設との複合化の検討、これは検討ですから別として、?ゆとりある敷地の選定とあります。つまり、アクセスの良い場所とゆとりある敷地であるということが基本になります。
 もう一つ、小牧市全体の中で図書館の設置場所、分館との関係も考える必要があると思います。
 特に、中央館ですから、アクセスの良い場所ということが非常に重要だろうと思います。そういう意味で、やはり現在の場所よりも駅前のほうが私は妥当だろうと思います。
 ただ1つ、駅前に位置するということは、現在のえほん図書館と極めて近接した場所ですので、これまでも申し上げたとおり、私は、えほん図書館と新図書館が並立する形は、図書館のサービスの面でも、図書館のコストの面でも、極めてまずいやり方だと思います。ですから、駅前に立地する場合は、当然、えほん図書館と新図書館は1つのものになるべきだと考えます。
 距離として、えほん図書館と駅前の土地は100mも離れておらず、わずか数十mの距離に2つの図書館を運営することは考えられないと思います。
(以上、7回会議禄より)

猪口里加委員(公募委員)
 A街区と現在の図書館の位置という2択になっていますが、私はファニチャードームが閉店するという話を聞いたときに、ラピオの可能性が高くなったのではないかと思いました。
 ラピオについては、全然検討しないような感じになっていますが、もったいないと思います。それこそ、ラピオに図書館を入れることによって、相乗効果があるような気がしますし、予算も大分節約できるのではないかと思いますので、ラピオを可能性から外したくないと思います。
(以上)

その2.第8回審議会(7月27日開催における筆記メモより)
 
 27日の議事は、前回に続き、「新図書館の建設計画について(基本計画書第7章)」(新図書館の建設場所の審議)でありましが、審議に入る前に、渡邊育代委員(小牧の図書館を考える会 共同代表)から提出された次の資料、「市内5か所でのシール投票結果」「『図書館から地方自治を考える』講演参加者のアンケート結果」(3月6日に開催された片山好善博氏の講演会参加者へのアンケート)の説明があり、説明後、委員からの意見質問ががありました。

 渡邊委員が説明した「シール投票・講演会時のアンケート」について、浦部委員伊藤委員は次の意見を述べられました。

>浦部委員伊藤委員の意見
 シール投票について、何故このような形をとったのか、波状的に5回行う意味が分からない。
 後援会講演会の後にアンケートをやられていますが、この点について手法上の妥当性という観点で問題がなかったのか。
 シール投票については、どうしても結果が先行してしまう。アンケートについては手法が全く記載されていない。
(以上、発言要旨)

 浦部委員の発言に対して、渡邊委員は、「私たちは素人だから・・・」という趣旨の答弁をされましたが、浦部委員伊藤委員は次の意見を述べられました。

浦部委員伊藤委員の意見
 市民の方々の意見として受け止めなければならないが、どうも結果だけが先行し、客観的な評価がされていないものが、根拠として議論が審議会の流れいくと、やや問題があるように思う。やはり、ここは審議会ですので・・・」・・・以下、の意見をメモできませんでしたので、8月8日ごろにアップされる会議録でご確認ください

 浦部委員伊藤委員の意見の後、鈴木委員・柳委員・奥村委員から意見・質問がありましたが、最後に内野会長は、「渡邊委員の資料については、各委員の判断で・・・」との趣旨のまとめをされました。

 私は、渡邊委員が審議会において、「市民の意見を聞くべきだ」と度々発言されていることについて、市民の意見を受け止めた場合、その意見が重要だと判断したら、自分の意見として審議会で発言すべきだ、この時点で審議会としてアンケートで等の市民の意見を聞くことを提案することは、審議会員としての認識が低いからだという趣旨の話を、渡邊委員や郷治委員に直接いたしました。
 また、小牧の図書館を考える会のブログにも、同様の趣旨のコメントを書いてきましたので、「本日の浦部委員は適切な意見を言われた」と判断いたしました。


 本日の議事に入り、審議会委員に比較表が事前に郵送されたのを受けて、内野会長は、委員を指名して意見を求めました
 私は、「内野会長は、各委員が比較表を把握して、前回の意見が変わったかどうか確認したいとの判断によるもの」と推測いたしました。
 しかし、前回、「A街区に建設」、「現図書館に建設」と発言された委員の考えは変わりませんでした


 そうした中、猪口委員は次のように発言されました。
猪口委員奥村委員の発言
1.前回、(多くに委員が)「ラピオ内に図書館を建てるという案は除外されている」というご発言でしたけど、私としてはラピオ内を除外したという気持ちはありません。ラピオ、現図書館、A街区の3つの中で、自分がこうしたいという意見を申し上げて、ラピオでということでラピオでは少し不十分ではないかというつもりで発言しました。(要旨)

(その後の横山委員(学識経験者)の「公共施設の合理化が重要だ」との提言を受けて)

2.そもその最初の時に、現在の図書館の老朽化の建て替えという問題が出た時に、(その後の状況変化により)中野前市長がラピオに入れるという話をしたと思うが、山下市長は、「ラピオは第一に商業ビルだ」ということで、(ラピオ移設を)なくしてしまって、ファニチャードームを入れたという経緯があった。ファニチャードームが今回撤退するにあたって、なし崩し的の子育て支援センターという話が出てきているが、(ラピオビルは)商業ビルということを捨てたと理解してよいのか」(要旨)

 猪口委員の意見に対して、鵜飼室長は「7月6日の文教委員会で答えが議事録に残っていますので、その記録を送付させていただきます」と答弁されました。

 なお、7月6日の文教建設委員会における橋本委員の質疑に対する山下市長筋の通らない答弁(自分の責任を回避した答弁)は、次の通りであり(委員会録画放映より)、その議事録を送付しても、「猪口委員の意見に応えることにはならないし、猪口委員が納得されるはずはない」と私は判断いたします。
橋本委員の質疑
 先ず、一番気になることを最初にお伺いしたいが、市長が初当選しされて、議会の中で、ラピオビルは第一義的に商業ビルだと言われました。議会で発言された内容ですけれど、結果としてファニチャードームが今回閉店という結果になっていますけれど、これについて考え方(商業ビルだという考え方)を変えるべきではないか。

>山下市長の答弁

 「ラピオビルの件につきましては、私が就任した当時は、市からの貸付金を返済猶予しなければ資金ショートに陥るといったとこまで経営が悪化しておりまして、早急に経営の安定化を図らなければならないという状況でありました。(中略)平成22年にはテナントが相次ぎ退店することとなり、空き床となる3階と4階の1部に都舎監を導入すべきだという計画がされておったところであります。こうした中で私が市長に23年2月に就任させていただ来まして、ラピオビルは第一義的に商業ビルであり、経営権を民間に委ね、抜本的に経営体制を再構築を図るとともに、民間手法を取り入れた持続的な経営力の強化を図るべきと考え、23年4月に民間出身の速水氏に社長に、ご就任していただいたところであります。テナント店の誘致につきましては、速水社長の下で、小牧都市開発?が主体となって行ってきておりまして、23年(12月)にはファニチャードーム小牧店がオープンをし、また、これまで様々な経営合理化をしていただいた結果、新たな資金注入を行うことなく、黒字化がなされたものであり、経営の安定化が図られてきたところであります。今般、本年12月末をもってラピオビル3階のファニチャドームが閉店することになりましたが、まあ一般的に商業テナントビルは、テナントの回転リスクが避けられないものでありまして、今。議員がおっしゃったように、そうした状況も説明さながら考えてきたわけでありますが、その都度テナントの入れ替えを繰り返してビルの魅力を向上させるどりゃくをされており、まあこれはラピオビルも同様であるべきであるという風に考えております。また、小牧都市開発?が、今回の事態に直面しても、ラピオビルの経営方針を取りまとめ、取締役会で決定されたところであります。こうしたことも力の強化が図られているという証の一つではないかというふうに考えているところであります。当時、私がラピオビルは第一義的に商業ビルだと申し述べた意味は、地権者の所有する床は、賃料等が発生するわけでありますので、公共施設の導入をしないということ、市の所有する床についても安易に公共施を導入するのではなくて、先ずは賑わいを創出する民間テナントの誘致を第1に考えるべきであるというようなこと、そしてさらには、こうしたテナントビル経営を行政に行っていくには限界があるという意味の中で、民間の手法を取り入れていく中で、戦略的なビル経営が必要であることを申し述べたものでございます」

 山下市長は、まるで、ファニチャドームの誘致を速水社長の判断で行った、自分は関与していない、と受け止められる答弁していますが、これは事実ではありません
 ファニチャードームの誘致は、山下市長の支持者であり、ファニチャードームに商品を納入している大善家具?の取次(仲介)で実現したものでありますし、ラピオビルの経営安定化が図られているとの答弁も事実と違います。
 小牧都市開発?の平成28年度(23期)の決算は、テナント誘致がはかどらない可能性が高いこと平成29年度(24期)の決算は、1階~2階の平和堂が契約満了期間(平成29年11月30日)を機に退店する可能性が極めて高いこことで、最悪の状況になる可能性が高いのです。


 本日、大半の議員が前回と同様に「A街区 新設」を提言されましたが、多くの議員は、小牧都市開発?の経営予測(ラピオビルの経営安定化予測)を認識せず基本計画が策定された平成21年3月以降の経緯を正しく把握せず20年3月に策定されたA街区を含む小牧駅周辺整備計画が、実質的に崩壊していることを認識しない状況の中で「A街区 新設」を主張しているのです。
 
 小牧都市開発?の経営は一層悪化していく中で(ラピオビルの経営安定かなますます困難となる中で)、小牧駅周整備計画が崩壊しているのも知らずにA街区に多額の税金を投入する提言する委員が多く存在する審議会の行く末が、心配で心配でなりません。
 
A街区に図書館を新設すれば、ラピオビルもA街区整備も無茶苦茶な状況(取り返しのつかない状況)に陥るに違いありません。

 複数の委員が「ラピオビルは天井が低くて図書館に不適」と発言されましたが、その理論でいうと、えほん図書館も不適だからラピオから出た方が良いと言いたいのでしょうかそのような意見は全くなく、えほん図書館を高く評価しています。
 私は、「ラピオビル3階~4階に移設するにお当たり、デザイン性の高い図書館にすべきだ」と、先日のブログで提案しました。
 デザイン性の高いという意味は、エスカレーター・エレベーターで3階に上がったと時に、「わー凄い図書館だ!」と来館者が声を上げるような、壁面・仕切り・照明・備品(棚・テーブル・椅子・表示ボードなど)にすべきとという意味であります。


 審議会委員の皆さま、現状を正しく認識し、コスト面を重視し、審議されることを期待します。
 そして、「次回には山下市長を呼んで、要請文や文教建設委員会の山下市長の答弁の不明点を徹底的に追及すべきです。皆さんは市民の代表としての考え方を持ち行動すべきだ」と、最後の通告をいたします。
 

(8月8日:訂正とお詫び) 
 本日(8月8日)ホームページに第8回審議会の会議録が掲載され確認いたしましたところ、私の誤認により、浦部委員の発言は伊藤委員(名古屋経済大学名誉教授)の発言であり、猪口委員の発言は奥村委員(公募委員)の発言であったことを確認いたしました。
 訂正させていただきますとともに、関係者の皆様、読者の皆様に多大なご迷惑をおかけしことを心よりお詫びいたします。申し訳ございません。

↑このページのトップヘ