この記事は2015年03月30日に「こまき無答塾」に書かれた記事「マックスバリュウ小牧駅西店オープンの影響は・・・」を Internet Archive から復元→アーカイブ化したものです(アーカイブ方針



マックスバリュウ小牧駅西店のオープンが当初計画より1年余り遅れましたが、いよいよ6月上旬にオープンする予定です。
P3300296.JPG

P3300300.JPG

P3300297.JPG
 オープニングスタッフの面接が終わり4月中旬から研修が始まるようです。

P3300304.JPG
 店舗(裏側より)
P3300303.JPG
 店舗(側面より)

 マックスバリュ小牧駅西店は、交差点を挟んで、平和堂アルプラザ1階の食料品売場と競合することになります。
 
P3300301.JPG

P3300302.JPG
 

 私は20年程小売企業で「立地と適応業態の関係」を体験しましたし、趣味(料理)で若い時から数多くの食料品売場を消費者としての厳しい目で見つめてきました
 そうした経験から、「小牧駅前立地に、2企業の食料品売場はオーバーストアだ!」、「種々の視点(※)から、ラピオビル1階の平和堂の食料品売場が成り立たなくなる!」と予想しています。
※価格・品揃え・営業時間・駐車場の形態などです。
 
 近い将来に、ラピオビルの1~2階が空床になる可能性が高いということであり、このことは、小牧市の駅前整備計画に大きく影響するということであります。