タグ:支持者との温泉旅行問題

この記事は2017年03月09日に「こまき無答塾」に書かれた記事「小牧市議会の平成29年度第1回定例会(3月議会)における代表質問が始まりましたか・・・。(その3)」を Internet Archive から復元→アーカイブ化したものです(アーカイブ方針



(個人通告質問)について

木村哲也議員の個人通告質問は、いつもの「切れ」がありませんでしたが、ホームページからプリントした、可燃ごみの捨て方について、質問席で提示しながら質問いたしました。
 本来は、橋本議長が、「木村議員から資料の提示を求められましたので、小牧市定例会条例第154条に基づき、これを許可します」というべきです。


最悪最低の玉井宰議員
 玉井議員は、12月議会の議案質疑の最後に、山下市長に対して「ラピオビルに対する考えを述べるように求めました」

 それ以来、新小牧市立図書館建設審議会の傍聴席では、私を避けるように離れた席に座りますし、3月6日に東庁舎1階で、昼食へ向かう「牧政会」の議員にあったとき、「こんにちは」と挨拶をかわしましたが、玉井議員は私を避けるように下を向いたままでした。

 皆さん、桃花台の光ケ丘から選ばれて議員になった玉井議員選挙事務所が、大草にあることをご存じですか、長年。大草東の区長を務めた稲垣喜久治氏が山下後援会のメンバーです。
 小牧市福祉協会の会長が山下後援会では,まずいと思ったのかカニツアーには、山中氏に行ってもらっています。(山中氏から直接ききましたので間違いありません)

 
 桃花台では玉井議員の評価は最悪です。次の選挙は立候補すべきではありません。

 しかも、通告質問の中で、「tumuko]の会の面倒を見ているように発煙していますが、事実と違います。ファミリーマートの横にできた積水の戸建て祐宅の中に、病院(診療所)の建物ができたことも把握していないのです。

この記事は2016年09月30日に「こまき無答塾」に書かれた記事「ドイナカデ ドイツモコイツモ ドギャンシタノダ ドタバタト」を Internet Archive から復元→アーカイブ化したものです(アーカイブ方針



「今日のブログタイトルは横文字?、えっ、何語なの?・・・」、「ああ、こまき無答塾語だよ!・・・」

★気になっていた9月22日の2つの記事

毎日新聞(あいち面)
img314.jpg


中日新聞(近郊面)
img315.jpg


 毎日新聞の見出し、小牧図書館建設「理性的審議を」議会各会派要請という見出しだけを読めば、購読者の殆どの方は、「新小牧市立図書館建設建設審議会(会長:内野安彦氏)は、理性的に運営されていないのか・・・」と、判断されるでしょう。

 しかし、記事を読むと、「小牧の図書館を考える会が、審議会に対し、署名活動を始めたことから要請した」「小牧の図書館を考える会の署名活動は審議の公正な運営を妨げるもので、大変遺憾。丁重な進行を務め、一定の答申をまとめていただきたい」と、報道しています。

 
 ブログ読者の皆さん、「ドイツモコイツモ ドタバタ」している様子が分かりますか。
 9月23日に開催された小牧市議会の文教建設委員会・同分科会を傍聴した際、休息時間に、澤田議長(当時)方から、「内野会長に傷つけるのではないかと、議会として憂慮している」「東京行って内野会長とお会いした」と発言されました。


 その2日程後に、そのことをブログで書いたら、9月27日に予算決算委員会を傍聴した際、委員会室の前の廊下ですれ違った澤田議長から、「ブログありがとう・・・」と声をかけられました。(何がありがたいのか、よく分かりませんでしたが・・・)
 
 その後、東京へ行ったのは、澤田議長だけでなく、山下市長、安藤教育長の3人であり、行ったのは先日の3連休のあたりであることが分かりました。

 読者の皆さん、この3人の行動は、毎日新聞の見出しの言葉を借りていえば、「理性的な行動」であったのでしょうか・・・。
 私は、「小牧の図書館を考える会の署名活動は不適切だ!」と判断していますので、署名活動など無視すべきであった、「審議会の役割、審議会委員の役割を理解せず、今頃何を言うのが馬鹿者が・・・」と、一蹴すべきであったと確信しています。


 小牧の図書館を考える会々員渡辺・郷治両審議会委員考える会の支援者山下市長安藤教育長澤田議長・・・、「ドイナカデ ドイツモコイツモ ドギャンシタノダ ドタバタト」

 中日新聞では、「小牧の図書館を考える会は、10月3日に開催される第11回審議会において、内野会長に市民の意向調査などを求める意向調査を提出する」「渡辺共同代表は、建設場所など検討する資料が欲しい」と、報じています。
 私は、既に、内野会長は、「ドイツモコイツモ ドギャンシタノダ ドタバタト ドウショウモナイヨ」と判断されていると思っていますので、若い時、医師と毎晩のようにやった麻雀で鍛えた「私の勘ピューター」は、種々の情報を処理した結果、「内野会長 第11回審議会冒頭で辞任」と、アウトプットしています。


 新小牧市立図書館は、本来であれば、5年前の平成23年秋には、ラピオビル3階~4階にオープンしていたはずです。
 山下市長の「ラピオビルは第一義的に商業ビルだ!」との間違った判断により「ラピオ移設が白紙」になり、続いて、市長選挙目当てによる「ツタヤ図書館建設計画が白紙」になり、今日に至っています。
 
 新図書館の供用開始が、5年遅れても、7~8年遅れても、10年遅れても、小牧市民にとっては問題ありません
 賢い市民は、きっと、「ドイツモコイツモ、ドタバタシナイデ理性的な判断が出来るまで我慢しましょうと」判断されていると思っています。

 
 新図書館・夢チャレンジ無期限延期都市宣言のまち小牧の看板を掲げて・・・。

★9月議会開催中の「蟹ツアー」
 平成23年2月の選挙で初当選した山下市長が、その年の9月の議会開催中に、後援会の蟹ツアーに(福井県)に同行したとして、大問題になり、新聞各紙で報道されました。
 
 最新情報では、今回、9月議会開催中(9月5日~10月3日)に、2度にわたって後援会の蟹ツアーに同行したとのことであります。
 「ドイナカデ ドイツモコイツモ ドウショウモナイ」


(参考)
平成23年9月の各紙報道
img386.jpg
 ご覧いただいたように、山下市長が議会の開催中に後援会バス旅行のため福井へ行っていたことに対して、議長が「職務放棄だ」と抗議したことを報じたものです。


★参議院議員選挙における個人演説会出席に係る公用車使用に関する住民監査請求結果

 本日夕刻、市のホームページに、参議院議員選挙における個人演説会出席に係る公用車使用に関する住民監査請求に関する監査結果が公表されました。

 裁判に持ち込まれると判断しています。「ド・・・、あっ『ド』の活字切れだよ。これ以上、ドが使えないよ・・・、代わりにいトホホ、トホホ」
 「平成29年度当初予算案に、『</span>(市長の行為に対する)住民監査請求、No.1都市宣言の看板設置委託料が計上されるかな・・・」

 いつも適切なアドバイスをいただく読者の〇〇〇〇さん、ごめんなさい。また、また、過激な「無答塾語」を使って・・・。23歳73歳の若い気持ちが抑えきれなくて・・・。

この記事は2015年06月14日に「こまき無答塾」に書かれた記事「小牧市議会の一般質問より(その2)」を Internet Archive から復元→アーカイブ化したものです(アーカイブ方針



平成27年第2回定例会(6月議会)の一般質問の中から、「小牧市議会の一般質問より」というタイトルで報告していますが、2回目の本日は、6月12日伊藤宏行議員(小牧市民連合)の一般質問と山下市長の答弁について記述いたします。

 伊藤議員は、「小牧市長の政治倫理について」という質問項目1の中で、政治倫理条例の必要性を述べられました。
伊藤議員の質問要旨
 3月議会では、小牧市民連合の代表質問において川島公子議員より、日本共産党小牧市議団の代表質問において竹内里美議員より、市長のモラル・道徳観・政治倫理に関し、それぞれの角度から指摘がありました。
 
 また、1月に開催した議員研修会においては、講師の四日市大学岩崎恭典教授より「政治倫理条例は議員の他、首長も対象とすべきだ」との講義を受けました。
 現在、パブリックコメントを実施している小牧市議会議会基本条例(案)の第13条(議員の政治倫理)では、「議員は、市民から負託された市民の代表としての責任を有することを自覚し、公正、誠実及び清廉を基本として、政治倫理の向上と確立に努めなければなりません」とし、2項で「議員の政治倫理に関しては、別に条例で定めるものとします」としています。

 市長は、3月議会の川島議員・竹内議員の質問に対して、山下市長は「私は、何ら不正はございませんし、しっかりと公正・適正に市政運営をしてきております。政治倫理条例のある・なしにかかわらず、しっかりと政治に携わる者として、市政に係わるものとして、倫理観をもって法令を遵守し、公正・適正に市政運営にあたっていくのは当然のことであり、現時点で政治倫理条例の制定について市として対応する考えはない。今後も。しっかりと公正公平な市政を見直していく決意を改めてお伝えしたい」と答弁されました。
 あらためて、政治倫理条例の制定に対する山下市長の認識を伺いたい。
(以上)
※6月29日(月)午前10時より、「政治倫理条例について」を議題とする議会改革委員会が開催されますので、9月議会で制定する予定の小牧市議会基本条例と同時、または少し遅れて13条2項の規定した「議員の政治倫理に関する条例」が制定されるものと思います。 

山下市長の答弁要旨
 政治倫理条例の制定についての考えをお尋ねいただきました。これにつきましては、3月議会で竹内里美議員にもお答えした通りであります。
 只今、伊藤議員から引用をいただいた部分でございます。条例のある・なしにかかわらず、政治に携わる者として法令を遵守し、常日頃から高い倫理観をもって市政に携わっていくことは当然のことでありまして、特に小牧市において新たに政治倫理条例の制定ということについては現在のところ考えておりません。
(以上)
 
 伊藤議員は、質問項目1として、上記の「小牧市長の政治倫理について」に引き続き、「政治資金について」という質問をされました。
 しかし、政治倫理条例制定に対する山下市長の上記の認識を聞いて、「他市の市長の政治倫理条例を点検すれは、その内容の半分ほどが市長の資産に関するものである。政治倫理条例制定に対して市長が前向きな答弁をされれば、これからの質問を止めようと思ったが、どうもそこら辺は上手くいかないので・・・」と、再質問をされました。
 伊藤議員の再質問で、今まで全く知らなかったことが明らかになり、驚きました。
 山下市長の配偶者が理事長を務める社会福祉法人と、山下市長本人との関わりについてのことですが、この点については、明日のブログで報告いたします。

★山下市長の上記の答弁について私が気になること
 平成23年2月の市長選挙で初当選した時点で、私は、山下市長の倫理観については全く分かりませんでしたし、山下氏に投票いたしました。
 また、政治家の倫理観について、「政治家は特別倫理観の高い人でなくていい、ごく普通の人の倫理観を有しておればいい」と、基本的に思っていました。

 当選後の8月に、「議会開催中、さらに決算特別委員会開催中であるにもかかわらず、後援会の蟹ツアーに同行し福井県へ行っていた」との新聞報道がありました。
 また、複数の市民の方から、「市長公用車を使って、子どもの幼稚園の送り迎えをしている」との情報を頂きました。

 私は、議会開催中に蟹ツアーに同行していた件に関しては、ブログで「こういう新聞報道があり、議会(当時の新政クラブ)が反発した」という程度(事実程度)にしか取り上げませんでした。また、幼稚園の送り迎えについては、ブログで一切取り上げませんでした。

 その理由は、「こまき無答塾は、山下市長の政策に関しては厳しく批判するけれど、スキャンダル的なことは、あまり取り上げたくない」という管理者の基本的な考えがあるからです
 しかし、この2件の事柄で、「山下市長は、政治家としてというより、1人の人間として倫理観の欠如している!」「人間として倫理観が欠如しているのは、生まれ育った家庭環境のせいだ!」と、思うようになりました。

 その後、23年10月の市議改選時に、「市長の推薦状の見返りに、市長マニフェスト実現に協力する」との誓約書を提出しろとの密約が交わされていたことが分かりました。(誓約書原本入手
 その後、山下市政を見続けてきた私は、「山下市長は、市長としての政策立案能力は低いけど、自分を目立たせたり、選挙を優位にするための作戦能力は抜群に高い!」と評価するようになりました。

 3月議会で、竹内議員が問題にしたのは、市長の奥さんが理事長を務めている社会福祉法人が、みなみ保育園の指定管理者候補に手を上げたことや、駅前の市有地を自治法に反して随契で東春信用金庫に売却したことを取上げたものであり、当然のことであります。
 
 山下市長は竹内議員の政治倫理条例に係わる質問に対して、「政治倫理条例の制定ということでお尋ねが改めてあるわけでございますけれども、この条例のあるなしにかかわらず、我々は高い倫理観を持ってしっかりと市政に公正公平に当たっていく、公正、適切に当たっていくということ、これはもとより重要なことでございますので、そうした認識の中で今後とも進めていきたいというふうに思います」(会議録引用)と、伊藤議員が上記の質問で引用されたように答弁されました。
 これは、3月6日のことであります。この答弁が3月6日であったことが、山下市長の人間としての欠陥があることを如実に表す証拠です。

 小牧市議会の現在の議員定数28名ですが、3月6日の出席議員は27名でした。小牧市民の方はご承知の通り、2月24日の3月議会開会日に、鈴木達也議員(1期目:小牧市民連合)が突然辞職し、1名の欠員が生じたのでした。
 辞職の原因は、山下市長が自分の希望と反し、2月1日の市長選挙で自民党愛知県連「山下市長にも、対立候補の上禰候補にも推薦状を出さない」と決定したことに腹を立て、自民党公認の山下智也県議を4月の県議選で落選させるために、無所属の鈴木議員を議員辞職させて擁立したのであります。
 3月6日の竹内議員への答弁の裏で、山下市長はこのような人としてあるまじき行為をしていたのであります。

 4月12日の県議戦後、愛知県連は山下市長を除名処分にしましたが、このことは、今まで市政にあまり関心のなかった市民の間にも、「山下市長は、ひどいことをしているらしい・・・」という評判が急速にひろがることに繋がりました。
 9月の市議改選時に、「鈴木達也氏はヌケヌケとまた立候補するだろう」「山下市長も自分の後援会の票を割り振って鈴木達也氏を当選させるだろう」と、私は予想しています。
 こんなことをしていたら、残念ながら、小牧市が良くなるハズはありませんが・・・。
 
 政治家としての倫理観どころか、人間としての善悪もわきまえない山下市長自身の言うこと異論を唱える職員を全て敵とみなし、特別職は更迭し、一般職員は左遷するという山下市長の言動について、本来監視するのが小牧市議会の役割ですが、議会がその役割を果たさなければ、市民がしっかりと監視するしかありません。

(次回へ続く)

↑このページのトップヘ